1. お金借りる方法
  2. お金借りる
  3. ≫なぜ審査に通らない?カードローンの審査落ちになる6つの理由

なぜ審査に通らない?カードローンの審査落ちになる6つの理由

審査に落ちた女性画像
カードローンでお金を借りるには審査があるため、「審査に通らなくて困っている・・・」という人も少なくありません。

そこで知りたいのが、「なぜ審査落ちになってしまうのか?」ではないでしょうか。

審査落ちの原因を知っておけば、おのずと対策が立てられるからです。

しかし、カードローン会社に聞いても審査落ちの理由は決して教えてくれません。

そこでこの記事では、カードローンの審査落ちになる理由をわかりやすく解説してみました!

カードローンの審査落ちになる理由はこの6つがほとんど!

カードローンの審査落ちになる理由は、次の6つであるケースが多くなっています。

  • 申込条件の対象外
  • 収入が安定していない
  • 他社の借入額や件数が多過ぎる
  • 信用情報にキズがある
  • 在籍確認ができない
  • 複数社に同時申込した

申込条件の対象外

カードローンにはそれぞれ申込条件がありますので、その対象外になってしまうと審査に通りません。

多くの場合、申込条件は「20歳以上で安定収入があり返済能力があること」というくらいですので、申込条件を満たすのはむずかしくありません。

ただし、カードローン会社によっては、年収や勤続年数などの条件があるケースもあるので、よく確認しておく必要があります。

収入が安定していない

収入が安定していないと審査落ちになる可能性が高くなります。

カードローンは毎月返済していくことを想定したローンですので、それができるだけの収入がある人にしか融資してくれません。

このため、毎月安定して収入がないと審査落ちになってしまう可能性が高いです。

他社の借入額や件数が多過ぎる

他社の借入額や件数が多過ぎる、という理由で審査落ちになるケースも多いです。

この2つが多くなるほど、申込者の返済負担は大きくなるため、それ以上融資してしまうと返済できなくなる可能性がでてきます。

そうしたことから、「これ以上の融資はリスクがある」と判断されてしまい、審査落ちにされてしまうんですね。

信用情報にキズがある

信用情報に次のようなキズがあると高い確率で審査落ちになります。

  • 複数の延滞記録
  • 事故情報(長期延滞・強制解約・債務整理など)
信用情報にこのようなキズがある人は、返済能力や信用力に大きな問題があると判断され、審査落ちにされてしまうケースがほとんどです。

とくに事故情報があると、そうなってしまう可能性が非常に高いと思っておきましょう。

在籍確認ができない

在籍確認ができない場合も審査に通りません。

カードローンの審査では、申込者が働いており収入があることを確かめるため、勤め先への在籍確認があります。

この在籍確認は電話によっておこなわれますが、何度電話しても繋がらない場合、審査落ちになってしまいます。

複数社に同時申込した

複数社に同時申込したことが原因で審査落ちになることもあります。

審査落ちしたときの保険にと、複数社に同時申込する人がいますが、これをすると「申し込みブラック」になってしまうことがあるのでおすすめできません。

申し込みブラックというのは、短期間にいくつもの会社に申し込みしたことが原因で、次のようなことを警戒され、審査に通らなくなることを指します。

  • 相当お金に困窮した状態だと思われる
  • 返済能力や信用力に大きな問題があり、各社で審査落ちしていると警戒される
上記のような人は、延滞や貸倒れのリスクが高いと判断されてしまう可能性があり、審査落ちにされてしまうことがあるのです。

消費者金融と信販会社のカードローンは「総量規制」にも要注意!

消費者金融と信販会社カードローンは、「総量規制」にも気をつけておかなくてはいけません。

総量規制とは、「貸金業者は借り手の年収の1/3までしか融資してはいけない」という法律です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

消費者金融と信販会社は貸金業者ですので、この総量規制の対象になります。

そのため、年収の1/3までが借入上限になると知っておきましょう。

年収の1/3は他の貸金業者の借入もカウントされる!

総量規制の年収の1/3には、他の貸金業者の借入もカウントされるので注意してください。

たとえば、以下のような状況であったとします。

  • 年収:360万円
  • 総量規制の借入上限額:120万円
  • 他の貸金業者の借入合計:70万円
この場合、他の貸金業者の借入合計である70万円は、総量規制の借入上限額にカウントされます。

よって、「120万円-70万円=50万円」となり、新たな貸金業者で借入できる金額は50万円までになるので、気をつけておく必要があります。

もし、他の貸金業者の借入合計が年収の1/3に達している場合は、新たな貸金業者で借入できる金額が0円となってしまい、審査には通りません。

カードローンの審査に通過するための7つの条件

ここからは、カードローンの審査に通過するための条件をお伝えしていきます。

以下の7つの条件を満たすことができれば、審査に通過でき借入に成功する可能性が高いため、申込前によく確認しておいてください。

  • 申込条件を満たす
  • 毎月収入を得る
  • 他社借入額は年収の1/3以下におさえる
  • 他社借入件数は3件までが限度
  • クレカやローンの返済期日は必ず守る
  • 申し込みは1社のみに絞る
  • 過去に事故情報を起こしていない

申込条件を満たす

申込条件を満たさないと確実に審査落ちになってしまうため、よく確認しておきましょう。

とくに年収や勤続年数などの条件がないかには、注意しておく必要があります。

毎月収入を得る

審査に申し込みするのは、毎月収入を得ている状況になってからにしなくてはいけません。

ただし、多くのカードローンではこの条件はそれほど厳しくなく、アルバイトやパートなどの低収入の職業でOKな場合がほとんどです。

ようは、何らかの形で毎月収入があれば良いんですね。

他社借入額は年収の1/3以下におさえる

他社借入額は年収の1/3以下におさえていください。

多くの金融機関で「安全に返済できる借金総額の目安」として使われるのが、年収の1/3だと言われています。

このため、年収の1/3超の借金があると審査に通るのは難しくなります。

とくに総量規制のある消費者金融と信販会社だと、100%審査落ちになってしまうので注意が必要です。

他社借入件数は3件までが限度

他社借入件数は3件までが限度だと思っておきましょう。

他社借入件数がどれくらいだとまずいかは各社によって基準が違いますが、一般的に3~5件というのが相場です。

このため、どんなに多くても3件までにおさえておくのがおすすめです。

クレカやローンの返済期日は必ず守る

クレカやローンの返済期日は必ず守ってください。

当たり前ですが、返済期日を守らないような人はお金に関して信用できないため、融資をしてくれる可能性は低いです。

このため、現在利用中のクレカやローンの返済はしっかりと期日どおりにしましょう。

申し込みは1社のみに絞る

申し込みは1社のみに絞ってください。

先にお伝えしたように、短期間での複数社への申し込みは、申し込みブラックになる可能性があるため、やってはいけないからです。

過去に事故情報を起こしていない

過去に事故情報を起こしていないという条件も大事です。

次のような事故情報を起こしてしまった場合、5年~10年の間はカードローンの審査に通る見込みはほとんどありません。

  • 長期延滞(2~3カ月連続の延滞)
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産などの借金減額・免除措置)
  • 代位弁済(返済不要になり保証会社に立替払いしてもらった)
  • 強制解約(契約違反などにより強制的に契約を解除された)

なぜ審査に通らない?カードローン審査落ちになる理由まとめ

カードローンの審査に通らない原因として、よくあるものは次の6つになります。

  • 申込条件を満たすことができなかった
  • 毎月収入を得ていない
  • 他社の借入額や件数が多過ぎる
  • 信用情報に延滞記録や事故情報がある
  • 在籍確認ができない
  • 申し込みブラックになっている
審査落ちのおもな原因はこの6つであるため、審査に通りたいなら、この6つに当てはまらないようにする必要があります。

そのため、審査申込の前に今回の記事を参考にして、ご自身は大丈夫かどうかを確認しておいてください。

お金借りる コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。