今すぐお金を借りる方法を徹底解説!お金借りたい人におすすめできる10選

お金借りる人
お金がねええええええええ!!!

本当に人間って、お金がないと精神的にも病みますし、ないもやる気が出ないし、人生\(^o^)/オワタ みたいになりますよね。

なんでこんなにお金に支配されているのだろう?考えたことはありませんか?

嫌な仕事ややりたくもない事をやっているのは、すべてお金を稼ぐためです。

それがあるからお金が一番偉いみたいになっているんです。人間お金のためなら、なんでもやる人がいます。

それほどお金の価値が凄いのですが、もし世の中からお金が無くなったらなにが価値が高くなるのでしょうか?

昔の物々交換時代に戻るのでしょうか?お金が無くなった世界というのも見たい気がします。

世の中にはお金を借りる方法は意外に沢山あります!

お金が有るのと、無いのとでは人生は全く違います。

お金が有る人は、まず外食が増えますね。そして大体デブになるか、事務に通っていい体になるかの2パターンです。

そして、お金持ちの人は外食に行っても値段をほとんど気にしません。店の感じや行く前の情報から、かなり食べても大体これぐらいの値段だろうと想像しているからです。

庶民とは違うのです。

庶民派例えばキャバクラに行っても、ボトルは卸さずにハウス(無料で飲める)の焼酎とかで飲むでしょう。

シャンパンを入れてもポンパやカフェパリ程度です。

まず、そもそもポンパやカフェパリがシャンパンだと思っている時点でアウトです。

あれは、ただのスパークリングワインです。しかもスーパーや酒屋で買えば、2,000円前後で買える超安いお酒なのです。

しかし、それをシャンパンだと思い、1万ぐらいでキャバ嬢に乗せられて入れている時点でガッツリ庶民なのです。

もし、大事なキャバクラのイベントで、お金を借りてでも行きたい!と思ってしまったらヤバいです。

それはもう間違いなくハマっています。

でも大丈夫です。すぐにお金を借りる方法が日本にはあるのです。

その代表的なものがカードローンなのです。

お金借りたいならカードローンが1番おすすめの方法

下記にカードローンのメリットを一部挙げます。

・消費者金融カードローンなら申込当日に即日融資が可能
・審査時間は最短30分なので、あっという間に終わる
・申込から振込融資まで最短1時間で借りれる業者もある
・自宅に郵便物が困る人は郵送一切なしで借りることが可能
・アプリローンもあるので、スマホがあればすぐに借入・返済ができる
・無利息サービスを利用すれば30日間1円も利息が発生しない
・プライバシーを重要視しているので、絶対に借入の事実をばらさない。

カードローンのメリットはすぐに思いつくだけでもこれだけあります。

しかもこの内容は借入する人が欲しがっているサービスになっているのです。

まず、カードローンでも消費者金融であれば、申込したその日にお金を借りることができます。

これが普通だと思っている人が多いのですが、申込当日に即日融資が可能なのは、実は消費者金融だけなのです。

銀行やクレジット会社のカードローンは即日融資がほぼできません(銀行は100%不可です)。

また、信用金庫JAバンクろうきんにもカードローンはありますが、申込から融資までは1週間程度かかると思っておいた方が良いでしょう。

ゆうちょ銀行は昔スルガ銀行カードローンの受付を代行していましたが、スルガ銀行が不祥事を起こしたため、提携関係は終わりました。

ゆうちょ銀行には、もともと自行が取り扱っているカードローンはないのです。

要するに消費者金融の即日融資は非常にクオリティが高いということです。

それだけではなく、審査は最短で30分で終わり、申込から銀行振込での融資が最短1時間の業者もあるほどです。

その1時間の業者はプロミスになります。契約完了までが1時間じゃないですよ?

自分名義の銀行口座に振込完了するまでが、申込から最短1時間なんです。

凄くないですか??

どういう人が分からない人に、身分証明書だけですぐにお金を貸すシステム。

この即日融資こそ消費者金融の最大のメリットと言っても良いでしょう。

そのうえ、30日間無利息サービスなんてものもあります。

30日以内に完済すれば、金利は0%なんです。

銀行よりも安い金利で借りられるのです。親や友達からお金借りるのと同じレベルですよ?

尚且つ、借りる人のプライバシーに考慮して、自宅に郵便物を一切なしで借りることができちゃうんです。

今まで言ったこと全ては消費者金融カードローンだけになります。

銀行カードローンは金利こそ安いですが、郵便物もあるし、無利息はないし、即日融資もできません。

要約すれば消費者金融からお金を借りることが一番メリットがあることだと言えます(長期的な借入1年以上なら金利は銀行の方が安くなりますが)。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法

クレジットカードには「キャッシング枠」というサービスがあります。

このキャッシング枠を利用すればお金を借入できるため、「クレカのキャッシング枠での借入を検討している」という人は次のような疑問があるかと思います。

  • どのようなサービスでどんな特徴があるのか?
  • 金利や限度額はどのくらいになるのか?
  • 借入や返済はどのようにするのか?
  • 審査は厳しいのか?
そこでこの記事では、「キャッシング枠について詳しく知りたい!」という人のために、丁重に解説してみましたので、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

クレジットカードのキャッング枠とはどんな借入方法なのか?

クレジットカードのキャッング枠とは、クレカに付帯できるキャッシングサービスのことを指します。

キャッシングという名のとおり、基本的な特徴は次のように消費者金融とおなじです。

  • 現金を借入できる
  • 保証人や担保が不要
  • 限度額の範囲内で何度でも利用可能
  • 使いみちは基本自由
また、「日割り」で利息がつくため、毎日利息が加算されていくという点も共通です。

このように、クレカにキャッシング機能をつけられるのが、クレジットカードのキャッング枠はとなります。

キャッング枠の限度額はショッピング枠の中に含まれる

クレジットカードのキャッング枠には、限度額がショッピング枠の中に含まれるという大きな特徴もあると知っておきましょう。

仮に以下のような条件のカードがあるとします。

  • ショッピング枠の限度額:100万円
  • キャッシング枠の限度額:30万円
この場合、2つの限度額を合計して130万円が利用できるわけではありません。

キャッシング枠の限度額はショッピング枠の中に含まれるため、たとえば10万円を借入すると、残りの限度額は以下のような内訳になります。

  • ショッピング枠の限度額:90万円
  • キャッシング枠の限度額:20万円
このように、キャッシング枠を利用すると、ショッピング枠の限度額からもその分だけ差引かれるため、注意しておきましょう。

クレジットカードのキャッング枠の限度額と金利の相場

お金を借りるときにもっとも気になる要素のひとつが、「限度額」と「金利」ですよね。

そこでこの章では、クレジットカードのキャッング枠の限度額と金利の相場についてお伝えしていきます。

限度額は10万円~50万円になることが多い

クレカのキャッシング枠の限度額相場は10万円~50万円です。

このため、消費者金融や銀行カードローンよりも少なくなる傾向にあります。

キャッシング枠はあくまでサービスのひとつであるため、あまり高額な借入ができるケースは少ないと覚えておきましょう。

どんなに多くても年収の3分の1までが上限

クレカのキャッシング枠の限度額上限は年収の1/3までになります。

これは「総量規制」の対象になるためです。

総量規制とは、貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)が融資できるのは申込者の年収の3分の1までという法律です。
(参考サイト:総量規制について│日本貸金業協会

クレカのキャッシング枠は貸金業者からの借入という扱いになるため、この総量規制が適応になります。

そのため、年収の3分の1までしか借入できません。

また、年収の1/3というのはすべての貸金業者の借入を合計するため、すでに貸金業者から借入がある場合はその金額も含めて計算されます。

よって、消費者金融などの貸金業者から借入があると、クレカのキャッシング枠の借入上限が減るので注意しておきましょう。

金利は年18.0%が相場

クレジットカードのキャッシング枠の金利相場は「年18.0%」です。

低い会社であっても、「年15.0%程度」ですのでかなりの高金利になってしまいます。

このため、利息が高くなりがちですので、あまり頻繁に利用するのはおすすめできませんし、返済期間も短めにしたいところです。

利息はどれくらいになるのか?

クレカのキャッシング枠の利息は「日割り」でつきますので、次のように算出します。

利息=借入額×金利÷365×借入日数

仮に10万円を金利18.0%で1年(365日)借入する場合ですと、以下のようになります。

利息の計算式

10万円×18.0%÷365×365=18,000円

この場合ですと利息は18.000円です。

基本的にはこのように計算しますが、各社によって返済方式がことなるため、計算方法が多少違ってくるケースもあります。

クレジット会社の公式サイトには、返済シュミレーションがある場合も多いため、利息を正確に把握したいなら、そちらを利用するのがおすすめです。

クレジットカードのキャッング枠の利用方法

ここからは、クレジットカードのキャッング枠の利用方法についてお伝えしていきます。

「どのような感じで借入や返済をしていくのか知りたい!」というときに読んでおけば、役に立ちますので、ぜひ目を通しておいてください。

借入方法

キャッング枠の借入方法はおもに以下の2つがあります。

  • 提携ATM
  • 銀行振込
ひとつは、コンビニや銀行などのクレジット会社の提携ATMに、カードを挿入して借入をするという方法です。

もうひとつは、コールセンターやインターネットの会員サイトから手続をし、銀行振込によって借入するという方法があります。

返済日と返済方法

クレカのキャッシング枠の返済は、ショッピン枠と共通になるのが一般的です。

そのため、返済日はショッピン枠とおなじ日になり、返済方法も口座振替という形が基本になります。

支払方式

支払方式は「一回払い」と「リボ払い」から選択するのが基本です。

一回払いの場合は、次回の返済日に全額一括で支払いをします。

リボ払いですと、利用残高によって決まった返済額を毎月支払っていきます。

たとえば、「JCBカード」ですと利用残高ごとの返済額は以下のとおりです。

利用残高 毎月の返済額
241万~300万円 5万円
181万~240万円 4万円
121万~180万円 3万円
61万~120万円 2万円
19万~60万円 1万円
~18万円 5千円

JCBカード場合ですと、利用残高が18万円まであれば、毎月の返済額は5,000円です。

利用残高が19万~60万円となれば、毎月の返済額は1万円に変化します。

このように、利用算高によって毎月の返済額が上下するのがリボ払いの特徴です。

クレジットカードのキャッシング枠の審査はハードルが低め!

クレジットカードのキャッシング枠は融資ですので、当然審査があります。

このため、「審査は厳しいのか?」と不安がある人も多いでしょう。

しかし、安心してください。

クレジットカードのキャッシング枠の審査は決して厳しくありません。

すでにカード自体の審査に通っているため、次のような問題がない限り、すんなりと通過できるのが大半です。

  • 総量規制をオーバーしている
  • 返済を延滞したことがある
  • 事故情報を起こした

総量規制をオーバーしている

先にもお伝えしたように、クレカのキャッシング枠は総量規制の対象です。

このため、総量規制をオーバーしてしまうと確実に審査落ちになります。

返済を延滞したことがある

返済を延滞したことがあると、審査落ちの原因になる可能性があるので注意です。

また、延滞してはいけないのは、キャッシング枠を付属させるクレジットカードだけでなく、以下のような他社の商品も同様です。

  • クレジットカード
  • 住宅ローンやマイカーローン、フリーローンなど
  • カードローン・キャッシング
  • 携帯電話本体の割賦払い
ようは、上記のような信用情報機関に返済記録が残るものの、延滞がいけないとうことですね。

事故情報を起こした

次のような「事故情報」を起こしてしまった場合、キャッシング枠の審査に通るのは難しいです。

  • 長期延滞(2~3ヶ月連続の延滞)
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産などの借金免除・減額措置)
  • 強制解約(契約違反などによって契約を強制的に解除されること)
  • 代位弁済(返済できなくなり保証会社に借金を立替えてもらうこと)
このような事故情報を起こした場合、クレジット会社に「返済能力や信用度に大きな問題がある」と判断されてしまい、審査に通らないことがほとんどです。

すでに付属済みであれば審査はない!

クレカのキャッシング枠は、すでに付属済みであれば審査はありません。

このため、限度額が残っていれば、審査を受けなくてもすぐに借入ができます。

もちろん、必要書類や電話連絡などもなく、面倒な申し込み手続も必要ありません。

ATMや会員サイトなどから出金の申し込みをするだけで良いため、利用したいと思ったときにすぐ借入が可能です。

クレジットカードのキャッシングでお金借りる方法まとめ

クレジットカードのキャッング枠は、現金の借入ができるサービスです。

金利が高く限度額が少額になりやすいという欠点はあるものの、審査の難易度は低いため、利用がしやすいです。

また、すでに付属済みであれば、審査不要ですぐに借入できるというメリットがあります。

こうしたメリットやデメリットをしっかり理解した上で、賢く利用すれば有効な借入方法となりますので、お金を借りたい場合の選択肢に入れても良いかと思います。

銀行でお金を借りたい!個人で銀行から借入する方法は?

銀行には様々な融資サービスがありますよね。

そうしたものの中で、個人がお金を借入するのに最適なものはどれか迷っている人も多いでしょう。

そこで、銀行で個人が借入する方法にはどのようなものがあり、その中でもっともおすすめ方法はどれかを解説します!

銀行で個人が借入する方法はおもにこの3つ!

銀行で個人が借入する方法はおもに次の3つがあります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン

カードローン

カードローンとは、専用のローンカードを使って現金を借入する「無担保ローン」です。

無担保ローンであるため、保証人や担保を必要とせず、限度額の範囲内であれば何度でも借入可能という点が特長です。

また、使いみちは基本自由であるため、ショッピングから生活費、レジャー、おまとめなど様々な目的で利用することができます。

フリーローン

フリーローンとは、利用目的が基本自由である無担保ローンになります。

基本的な特徴はカードローンとおなじであり、現金の借入れが可能ですが、フリーローンの場合、借入したあとは返済していくのみとなります。

よって、カードローンのように追加借入はできません。

目的別ローン

目的別ローンとは、利用目的が限定されたローンのことを指します。

代表的な目的別ローンは以下の5つです。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • ビジネスローン
自動車ローンを例に上げれば、車の購入や修理費用、車検代など自動車関連の費用のみに資金使途が限定されます。

また、追加借入は基本できずに、借入したあとは返済をしてのみとなります。

銀行で個人がお金を借りるなら「カードローン」がおすすめ!

こここまでお伝えしたように、銀行で個人が借入する方法はカードローン、フリーローン、目的別ローンの3つが基本になります。

この3つの中で一番おすすめなのは「カードローン」がです。

その理由は次のとおりになります。

  • 申込条件を満たすのが簡単
  • 申込手続がとても楽
  • 審査はそこまで厳しくない
  • 資金使途の幅が広い
  • 限度額の範囲内で何度でも利用できる
  • 早ければ翌日に融資される

申込条件を満たすのが簡単

カードローンの申込条件は簡易なものであるケースが多いため、満たすのがとても簡単です。

ほとんどのカードローンの申込条件は、「満20歳以上で安定した収入があること」というくらいしか条件がありません。

年収や勤続年数などの条件があるカードローンは、ほんの一部のみです。

よって、申込条件を満たすのが簡単で、申し込みがしやすいというメリットがあります。

申込手続がとても楽

カードローンは申込手続がとても楽です。

申し込み~審査~借入までのほぼすべての手続が、ネット上で完結できる場合が多く、来店が必要になるケースは多くありません。

必要書類も「本人確認書類」と「収入証明」の2つで良く、限度額が50万円以下なら、本人確認書類のみでOKな場合が多いです。

審査はそこまで厳しくない

カードローンの審査はそこまで厳しくないという点も利点です。

毎月収入があり、他社借入の金額と件数が多すぎず、信用情報に問題がなければ通過するのは決して難しくありません。(信用情報=いわゆるクレジットヒストリーのこと)

資金使途の幅が広い

資金使途の幅が広いというメリットもあります。

基本的に事業性資金以外であれば、何に使っても良いため、使いみちの幅が広く、いろいろな目的で利用が可能です。

限度額の範囲内で何度でも利用できる

限度額の範囲内で何度でも利用できるという部分も利点です。

フリーローンや目的別ローンとは違い、限度額の範囲内で何度でも使えるため、追加借入ができます。

また、返済をすればその分だけ限度額が回復するという特徴もあります。

早ければ翌日に融資される

銀行のカードローンは早ければ翌日に融資されます。

即日融資こそできないものの、銀行によっては最短翌日の融資が可能なため、スピーディーな借入が可能です。

以上が銀行カードローンのメリットになります。

ただし、銀行カードローンにはメリットだけでなく、デメリットもあるため、欠点についてもしっかり知っておく必要があります。

そこで次章では、銀行カードローンのデメリットをお伝えしていきますね。

銀行カードローンのデメリットはどれか?

銀行カードローンのデメリットは以下の2つです。

  • 即日融資には対応していない
  • 上限金利がそこまで低くない

即日融資には対応していない

先にもお伝えしましたが、銀行カードローンは即日融資ができません。

その理由は、どの銀行も審査が完了するのは、どんなに早くても申込日の翌日になるからです。

これは審査に「警察庁データベースの照会」があるためです。

警察庁データベースの照会とは、融資を希望する人が反社会勢力の関係者でないかを、警察庁のデータベースに照会して確かめるというものになります。

この警察庁データベースの照会は、結果がでるまでにどんなに早くても1日はかかります。

そうしたことから、審査にも1日はかかってしまい、即日融資ができないのです。

もし、「即日融資を受けたい!」といのであれば、アイフルやプロミスなどの消費者金融カードローンを検討するのがおすすめです。

上限金利がそこまで低くない

銀行カードローンは、上限金利がそこまで低くないという欠点もあります。

上限金利とは、そのカードローンで適応になる一番高い金利のことを指します。

たとえば、金利が「年3.0%~14.6%」とあれば、14.6%が上限金利です。

銀行カードローンの上限金利は「年14.0%付近」であることが多いため、ローンの中では決して低金利ではありません。

そして新規契約時はこの上限金利が適応になることがほとんどです。

よって、あまり低金利での借入は期待できないため、利息も大きくなりやすいというデメリットがあります。

銀行カードローンで借入するための必要書類・審査の流れ

申し込みをする前には、「何かが必要なのか?」、「審査はどんな感じになるのか?」といった疑問がある人も多いかと思います。

そこでこの章では、銀行カードローンの必要書類と審査の流れについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

必要書類はこの2点

銀行カードローンの場合、必要書類は以下の2点のみでOKな場合がほとんどです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明
本人確認書類は必ず必要になります。

よって、免許証やパスポートなどの身元を確認できる書類を用意しておくことが必要です。

収入証明が必要になるかどうかは銀行によってことなります。

多くの場合、限度額50万円超を希望する場合必要になることが多く、その場合は源泉徴収票や確定申告書、給与明細などの収入を証明できる書類の提出が必要です。

審査の流れ

審査の流れは各行によって多少ことなりますが、基本的には以下のような感じになることが多いです。

1.申し込み
2.本人確認
3.審査
4.契約
5.融資

申込時には氏名や住所、勤務先情報などの必要事項を申告することになります。

申込完了後は「本人確認」の電話があるのが一般的で、個人情報の確認や申し込みの意思確認をされます。

その後は審査開始となり、勤め先への「在籍確認」あるので対応するようにしてください。

なお、在籍確認は「銀行名」や「担当者の個人名」でされるため、カードローンの在籍確認とは他人にわからないように配慮がされています。

無事に審査に通りましたら、契約手続をします。

契約後はすぐに利用開始できるケースが多く、希望すれば銀行振込によって融資してもらえることがほとんどです。

銀行からお金を借りる方法まとめ

銀行で個人が融資を受ける方法はおもに次の3つが基本となってきます。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン
上記の3つの中で、もっともおすすめなのはカードローンです。

カードローンは申込手続が非常に簡単で、審査もそこまで厳しくないため、フリーローンや目的別ローンよりも敷居が低くなっています。

また、限度額の範囲内で何度でも借入できるという特徴もあるため、他の2つよりも使い勝手が良くなっているという利点もあります。

お金借りたい人におすすめする、お金を借りる方法おすすめ10選!

「お金が無くて困ったので借入を検討している!」

このようなときに知りたいのが、「どんな借入方法があるか?」という点ですよね。

そこでこの記事では、お金借りたい人におすすめきる借入方法を10個紹介してみました。

この記事を読んでもらえれば、きっとあなたに最適なお金を借りる方法が見つかりますので、ぜひ参考にしてください。

お金を借りる方法1:カードローン・キャッシング

カードローン・キャッシングは、消費者金融は銀行などが提供する「無担保ローン」になります。

そんなカードローンとキャッシング特長は以下のとおりです。

  • 融資までが早い
  • 審査のハードルが低め
  • 保証人と担保は不要
  • 資金使途が基本自由
  • 限度額の範囲内で何度でも利用できる
とくに融資までが早いのは大きなメリットで、アコムやプロミスなどの大手消費者金融であれば即日融資も可能です。

銀行カードローンであっても、早ければ申込日の翌日に借入できます。

大手消費者金融なら無利息期間も魅力!

大手消費者金融には「無利息期間」があるという魅力もあります。

このため、以下の期間内は利息が一切発生しませんので、その分、利息をお得にできるという点がメリットです。

業者名 無利息期間
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
プロミス 借入日の翌日から30日間
SMBCモビット なし

カードローン・キャッシングの注意点

カードローン・キャッシングには、以下の2つの注意点があるので確認しておきましょう。

  • 上限金利が高い
  • 貸金業者は総量規制他の対象
上限金利(一番高い金利)が高い商品が多いため、どうしても高めの金利での借入になるケースが多いです。

消費者金融や信販会社の場合、総量規制の対象になるため、他の貸金業者の借入と合計して年収の1/3までしか借入できません。

お金を借りる方法2:クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠とは、クレカに付帯できるキャッシングサービスのことです。

そんなキャッシング枠の特長は以下のとおりになります。

  • 付属済みなら審査不要ですぐ借入可能
  • 保証人と担保は不要
  • 使いみちが基本自由
  • 限度額の範囲内で何度でも借入できる
  • 審査のハードルが低い
クレカのキャッシング枠の場合、付属済みなら審査なしですぐ利用できるという点がもっとも大きなメリットです。

このため、すでに付属済みの人であれば、ATMや銀行振込の手続をするだけで、即借入ができます。

クレジットカードのキャッシング枠の注意点

クレジットカードのキャッシング枠の注意点は以下の2つです。

  • 金利が高い
  • 限度額はショッピング枠と共通
  • 総量規制の対象
金利が「年15.0%~18.0%」と高いため、手数料には気をつけましょう。

キャッシング枠の限度額はショッピング枠と共通であるため、借入するとショッピング枠の限度額も減るので注意です。

クレカのキャッシング枠は貸金業者扱いため、総量規制の対象となり、他の貸金業者と合計して年収の1/3までしか借入できません。

お金を借りる方法3:フリーローン

フリーローンとは、使いみちが基本自由の「多目的ローン」になります。

使いみちが基本自由ですので、様々な利用目的でお金を借りることができ、無担保ローンであるため、保証人と担保は必要ありません。

フリーローンの注意点

フリーローンには以下の2つの注意点があります。

  • 追加借入はできない
  • 金利がローンの中では高め
フリーローンは「○○万円を融資する」という契約の形になるため、追加借入はできず、借入後は返済していくだけになります。

また、カードローンやキャッシングよりは低金利な傾向にありますが、「年10.0%以上」であることがほとんどなため、ローンとしては金利が高めです。

お金を借りる方法4:目的別ローン

目的別ローンとは、自動車ローンや住宅ローンなどの利用目的が限定されたローンになります。

そんな目的別ローンの特長は以下の2です。

  • 金利が良心的
  • 保証人と担保は必要ないことが多い
目的別ローンはかなりの低金利で借入できるケースが多くなっており、利息もおさえやすいというメリットがあります。

目的別ローンの注意点

目的別ローンの注意点は以下のとおりです。

  • 審査が厳しめ
  • 必要な書類が多い
低金利な商品が多い分、審査は厳しくなり、必要書類も多いため、申し込みに手間がかかります。

お金を借りる方法5:年金担保融資

年金担保融資とは、年金を担保に「福祉医療機構」から融資を受ける方法になります。

そんな年金担保融資の特長は以下の2つです。

  • 年金しか収入がなくても利用できる
  • 貸付条件が良心的
貸付条件が次のようにかなり良心的なため、金融機関から借入するよりも、利息をお得にできるケースが多いです。

限度額 10万円~200万円の範囲内(資金使途が「生活必需物品の購入」の場合は、10万円~80万円の範囲内)
金利 年金担保貸付:2.8% (平成30年10月3日現在)
労災年金担保貸付:2.1% (平成30年10月3日現在)

年金担保融資の注意点

年金担保融資には以下のような注意点があります。

  • 返済は年金から天引きになる
  • 連帯保証人が必要
毎月の返済は年金から天引きという形になるため、返済額の分だけ受取れる年金が減ります。

また、連帯保証人が必要になるので、誰かに頼まなくてはいけません。

お金を借りる方法6:保険の契約者貸付制度

保険の契約者貸付制度とは、「解約返戻金(カイヤクヘンレイキン)」の範囲内で保険会社から融資が受けられる制度です。

解約返戻金とは、積み立て型の保険を解約したとき、戻ってくるお金のことを指します。

そんな保険の契約者貸付制度には以下のような特長があります。

  • 審査がない
  • 保険の解約は不要
  • 返済は保険の満期までにすれば良い
  • 金利が年2.0%~6.0%程度と低め
  • 融資までが早い
保険の契約者貸付制度には審査がないというのが最大の特長です。

解約返戻金の範囲内で融資を受けることになり、そもそも解約返戻金は契約者のお金であるため、審査不要で融資してくれます。

保険の契約者貸付制度の注意点

保険の契約者貸付制度には次の3つの注意点があるため、確認しておきましょう。

  • 解約返戻金がない保険は利用できない
  • 保険が失効してしまうことがある
  • 借入金額が保険金から差引かれるケースがある
掛け捨て型などの解約返戻金がない保険商品は利用対象外です。

利息は毎日発生しますので、借入残高が解約返戻金の額を超えてしまうと、保険が失効することもあります。

借入中に保険金が支払われることになった場合、借入残高が保険金から引かれるので注意です。

お金を借りる方法7:質入れ

質入れとは、質屋に担保となる品物を預けてお金を借りる方法になります。

質入れの場合、担保となるものを預けるため、審査がありません。

また、品物を査定後にすぐ融資という形になるため、即日借入が可能です。

質入れの注意点

質入れの注意点は以下の2つです。

  • 返済期間は最長3ヶ月
  • 返済できないと品物は買取りになる
  • あまり多くの金額は借入できないことが多い
返済期間は最長3ヶ月と短く、その期間内に完済できないと、担保にした品物は買取りになってしまい戻ってきません。

借入できる金額は品物の買取額となるため、あまり高額の借入は期待できないです。

お金を借りる方法8:国や自治体からの融資

国や自治体では、おもに生活に困っている人に対しての融資制度があります。

たとえば、以下のような制度が代表的です。

  • 総合支援資金
  • 緊急小口資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金
これらの制度の特長は金利が低いという点です。

金利は制度によって違いますが、「年1.5%~3.5%程度」であり、制度によっては「無利子」というものもあります。

国や自治体からの融資の注意点

国や自治体からの融資には次のような注意点があります。

  • 申込条件が厳しめ
  • 申込手続に手間がかかることが多い
  • 融資まで時間がかかることがほとんど
  • 保証人がいないと金利が上がることがある
国や自治体からの融資は、生活困窮者用のものが多いため、世帯所得などの細かい条件があります。

また、必要な書類や申告事項などが多く、申し込みに手間がかかります。

融資までも数週間~1ヶ月以上かかるケースがほとんどで、すぐに借入はできません。

その他にも、制度によっては保証人がいないと金利が上がってしまうケースもあります。

お金を借りる方法9:共済組合の貸付制度

共済組合の貸付制度は、公務員が所属している組合から融資が受けられる制度です。

そんな共済組合の貸付制度には次のような特長があります。

  • 審査が厳しくなく信用情報の影響も受けない
  • 在籍確認がない
  • 金利が低い
  • 様々な利用目的で借入できる
  • 保証人や担保がいらない
共済組合の貸付制度の最大の特長は審査のハードルが低いことです。

公務員が所属の組合から借入することになり、組合は申込者の職業や身元を正確に把握しています。

このため、金融機関の審査のように信用情報機関への照会や、在籍確認など申込者についての詳しい調査をする必要はないのです。

そうしたことから、申込内容や利用目的に問題がない限り、審査に落ちることはあまりありません。

共済組合の貸付制度の注意点

共済組合の貸付制度の注意点は、毎月の返済額が給料やボーナスからの天引きとなる点です。

よって、契約時に決めた返済額が、毎月の給料やボーナスから差引かれるため、その分だけ受取れるお金が減ります。

お金を借りる方法10:従業員貸付制度

従業員貸付金制度(社内貸付制度)とは、病気や事故、地震、火災、空き巣などのトラブルによってお金に困ったとき、勤め先から融資が受けれる制度です。

この従業員貸付金制度には次のような特長があります。

  • 金利が低め
  • 審査はあるが信用情報の影響を受けない
  • 在籍確認がない
従業員貸付金制度の最大の特長は金利が低めなことです。

金利は企業によっても違いますが、「年1.0%~5.0%程度」ですので、かなり低めの金利で借入できるケースが多いです。

従業員貸付制度の注意点

従業員貸付制度には次のような注意点があります。

  • 制度を採用している会社しか利用できない
  • 申込条件が厳しい
  • 保証人が必要な場合がある
  • 返済は給料からの差引かれる
すべの企業が従業員貸付制度を採用しているわけではありませんので、企業によっては利用できないケースがあります。

申込条件が厳しい場合が多く、利用できる人が限られてくるという点も注意です。

企業によっては保証人を求められることもあります。

返済は給料からの差し引きとなるため、完済まで毎月の給料が減るので気をつけてください。

お金借りる方法10選まとめ

お金を借りる際は、その方法がどんな特長や注意点があるのかをしっかり把握し、「自分にあっているか?」という点も見極める必要があります。

そうすればご自身に最適な借入方法を見つけることが可能です。

今回の記事を参考にしてもらえれば、それがスムーズにおこないやすくなりますので、ぜひ役に立ててもらえれば幸いです。