1. お金借りる方法
  2. お金借りる
  3. ≫ろうきんでお金を借りるには?労働金庫のカードローンを徹底解説!

ろうきんでお金を借りるには?労働金庫のカードローンを徹底解説!

ろうきんロゴ
カードローンを提供しているのは、消費者金融や銀行だけではなく、「労働金庫(ろうきん)」にもありますよね。

ろうきんのカードローンはTVCMや広告などもないため、知名度はありませんが、カードローンとしてはかなり低金利な場合が多いです。

このため、「カードローンが欲しい!」という時には、知っておかないと損します。

そこでこの記事では、そんな労金のカードローンについて丁重に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ろうきんのカードローンはどんな特徴があるの?

ろうきんのカードローンもおおまかな特徴は、消費者金融や銀行のものとそう変わりありません。

専用のローンカードを使い、ろうきんATMや提携ATMから利用することになります。

無担保ローンであるため、保証人や担保は不要であり、限度額の範囲内で何度でも利用できるという点も共通です。

また、資金使途が基本自由であり、事業性資金以外であれば、基本的に自由に使うことができます。

ただし、労金のカードローンは地域指定があるため、お住まいの近くのろうきんのものしか利用できません。

また、会員種別によって金利がことなるという特徴もあります。(この点については次章でお伝えしています)

ろうきんのカードローンは消費者金融や銀行よりも金利がお得!

労働金庫のカードローンの最大の魅力は上限金利の低さです。(上限金利=一番高い金利)

たとえば、中央労金のマイプランであれば、金利は「年3.875%~8.475%」となり、上限金利は「年8.475%」となります。

このため、一番高い金利に設定されたとしても、年8.475%となり、この金利はカードローンとしてトップクラスの低金利です。

大手消費者金と大手銀行カードローンの上限金利と比較!

実際に、大手消費者金と大手銀行カードローンの上限金利と比較してみましょう。

カードローン名 上限金利
アコム 年18.0%
アイフル 年18.0%
プロミス 年17.8%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 年14.6%
三井住友銀行カードローン 年14.5%

消費者金融の場合は「年18.0%」が相場で、銀行カードローンは「年14.0台」が相場になっていますよね。

カードローンの場合、金利は審査を受けてみるまでいくらになるかわかりませんし、最初は上限金利になることが多いという特徴があります。

このため、上限金利が低いカードローンのほうが低金利で借りやすいのです。

ろうきんのカードローンはその上限金利が、消費者金融や銀行よりもずっと低いケースが多いため、低金利で借りやすく、利息もおさえやすいというメリットがあります。

金利は会員種別に違うという特徴がある!

先にもお伝えしました、労金のカードローンの金利は会員種別によって違うケースが多いです。

たとえば、中央労金のマイプランであれば以下のようになっています。

会員種別 金利
団体会員の構成員 年3.875%~年7.075%
生協会員の組合員および同一生計家族 年4.055%~年7.255%
一般の勤労者 年5.275%~年8.475%

上記のように、「団体会員の構成員>協会員の組合員および同一生計家族>一般の勤労者」という順で金利が低くなっていくことが多いです。

そのため、会員種別によっては、他で借入するようにもさらに低い金利での借入が期待できます。

ろうきんのカードローンの利息は本当にお得?他社と比較してみた!

ここまでお伝えしたように、ろうきんのカードローンの魅力は金利の低さであるため、利息も大きくおさえやすくなっています。

とはいえ、利息がどのくらいお得なのかは具体例がないとわかりませんよね。

そこでこの章では、労金のカードローンの利息が、消費者金融と銀行カードローンに比べてどのくらいお得になるのかを算出してみました。

今回は30万円を1~3年で借入すると仮定して、以下の3社で比較しています。

  • 労働金庫(中央労金マイプラン)
  • 消費者金融(アイフル)
  • 銀行カードローン(三井住友銀行カードローン)

中央労金マイプラン

返済期間 年8.475% 年5.0% 年3.875%
1年 25,425円 15,000円 11,625円
2年 50,850円 30,000円 23,250円
3年 76,275円 45,000円 34,875円

アイフル・金利18.0%

返済期間 利息額
1年 54,000円
2年 108,000円
3年 162,000円

三井住友銀行カードローン・金利14.5%

返済期間 利息額
1年 43,500円
2年 87,000円
3年 130,500円

こうして利息を比較してみると、ろうきんのカードローンのほうが、アイフルや三井住友銀行カードローンよりもずっと低利息なのがわかります。

たとえば、30万円をアイフルで3年借りた場合の利息は「162,000円」で、三井住友銀行カードローンの場合は「130,500円」です。

これが中央労金のマイプランであれば、一番高い金利の年8.475%で借りたとしても、「76,275円」で済みます。

このように、ろうきんのカードローンのほうが消費者金融や銀行カードローンよりも、ずっと利息をお得にできるケースが多いんですね。

ろうきんのカードローンにはデメリットもある!

ろうきんのカードローンには、デメリットもあるので必ず確認しておく必要があります。

デメリットによってはあなたに適さない場合もあるからです。

そこでこの章では、ろうきんのカードローンのデメリットを解説していきます。

そのデメリットとは以下の4つです。

  • 申込条件に年収や勤続年数の条件あり
  • 消費者金融や銀行カードローンより審査が厳しい
  • 融資までそれなりの時間がかかる
  • 来店が必須

申込条件に年収や勤続年数の条件あり

ろうきんのカードローンには、申込条件に年収や勤続年数の条件あることが大半です。

たとえば、中央労金のマイプランであれば、

  • 安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上あること
  • 同一勤務先に1年以上勤務していること(自営業者等は原則3年以上同一事業を行っていること)
という条件をクリアしなくては審査に通過できません。

ろうきんのカードローンには、上記のように年収や勤続年数の条件あることが多いため、人によっては利用できない可能性があります。

消費者金融や銀行カードローンより審査が厳しい

ろうきんのカードローンは、消費者金融や銀行カードローンより審査が厳しいです。

消費者金融や銀行カードローンよりも上限金利が低くく、好条件での貸付となるため、融資する人を慎重に選ぶ傾向が強くなっています。

そのため、消費者金融や銀行カードローンよりも、ずっと敷居が高いです。

審査に通過するには正社員であり、ある程度の年収がないと厳しいかと思います。

融資までそれなりの時間がかかる

労金のカードローンは、融資までそれなりの時間がかかるのが一般的です。

少なくても消費者金融のように即日融資とはいきません。

審査には数日かかるのが基本ですので、融資までもそれなりの時間がかかります。

来店が必須

労働金庫のカードローンの場合、来店が必須になります。

申し込みはネットや電話などでも可能ですが、契約時には必ず来店しなくてはいけません。

ろうきんカードローンの申し込み~審査~融資までの流れ

この章では、ろうきんカードローンの申し込み~審査~融資までの流れをお伝えしていきます。

今回は中央労金のマイプランを例に解説していきますね。

マイプランの場合ですと、申し込み~審査~融資までの流れは次のような感じになります。

1. 公式サイトから仮審査に申し込み
2. 仮審査~仮審査結果の通知
3. 本審査~本審査結果の通知
4. 来店して契約
5. カードか窓口で融資を受ける

審査は「仮審査」と「本審査」にわかれています。

仮審査では、おもに「申込情報」の調査や、「信用情報機関」への照会によって、あなたの返済能力を判断されます。

本審査は「在籍確認」や「必要書類」などの情報の最終確認が基本です。

先にもお伝えしましたが、契約時には必ず来店が必要となります。

契約後は基本的にすぐ融資が受けら、窓口もしくはカードを使ってATMから借入することになります。

ろうきんでお金を借りる方法まとめ

ろうきんのカードローンは上限金利の低さが魅了です。

消費者金融や銀行カードローンよりも上限金利が低いケースがほとんどであり、その金利差もかなりあるため、利息を大きくおさえられる可能性が高いです。

その分、申込条件や審査は厳しくなりますが、それ以上のメリットがあるため、借入先の候補に検討する価値は十分あります。

お金借りる コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。