東京山手メディカルセンター 呼吸器内科

 
苦痛の少ない気管支鏡検査
 
 【苦痛の少ない気管支鏡検査】
気管支鏡検査を受けたがとても苦しかった,二度とやりたくない,いや,気管支鏡検査は苦しいのが当たり前,耐えるしかない・・・そんな話をよく聞きます。
確かに,水が一滴入ってもむせて苦しい気管支,そこに細めとは言え,直径6mmの内視鏡という異物が10〜20分近く入って動き回る,考えただけで苦しそう,仕方ないのか・・・
決してそうではありません。
当院では早くから独自の工夫を凝らして,苦痛の少ない気管支鏡検査を実践,検査を受けた方の大部分からは,ほとんど苦しくなかった,一部の方からは,やや苦しかったけれど胃の内視鏡並みだった、と言って頂いています。
熟練したスタッフを中心に,幾つかの工夫を重ね,それを達成しています。
過度の緊張が過敏な反射をもたらしますので,検査が始まる直前によく説明をし,苦しければ手で合図して下さい,対応しますから,とお約束します。
検査中,咳止めとして局所麻酔を追加して行きますが,人により咳反射の強さに差がありますので,反射の強い方には操作を強行せず,麻酔効果が現れるまでじっくりと待ちます。この間,何度も声をお掛けし,苦しくないかどうかをお尋ねし,苦しい場合は一旦内視鏡を抜くこともあります(最終的には必ず最後まで出来ます)。
内視鏡操作は優しく,かつ的確に,を心がけ,無駄なく短時間で,を心がけています。
それでも咳反射が強い場合,予め用意した点滴ラインから少量の鎮静剤を静脈注射で入れます。これで緊張がとれると急に楽になる方が多いのです。
この鎮静剤の使用は,最近の呼吸器内視鏡学会の手引き書(2010年6月改訂第2版)にも記載されるようになりましたが,まだ実践している施設は少ないようです。
なお,1度目の気管支鏡検査で期待した結果が出ない場合,当院では同じ検査を繰り返すことは少なく,がんなどが疑われる場合は放射線科に相談して,針生検と言う次の手段に移行することが大部分です。
 
当科の「苦痛の少ない気管支鏡検査」が日本経済新聞9月1日夕刊 医療面で紹介されました。
当科の「苦痛の少ない気管支鏡検査」が、日経新聞電子版にも掲載されました。
 
 


 
Copyright(C) Tokyo Yamate Medical Center ALL RIGHTS RESERVED.